マンション管理会社の依頼は慎重に|信頼が重要

適切な家賃設定

女の人

実質利回りや地域の相場

ファイナンスのための賃貸経営では、利回りと家賃相場とを十分に考慮した家賃設定が重要となっています。賃貸物件の購入または建築にかかった費用を比較的短期間で回収でき、なおかつ地域の家賃相場に近い家賃に設定する必要があるのです。というのも家賃相場は、賃貸物件の築年数に反比例して低くなっていくからです。したがってかかった費用は、築年数が浅いうちに、一般的には建築完了後10年程度で、回収することが肝心とされています。10年で回収するためには、利回りが10%となるように計算して、家賃を設定することになります。この利回りとは、表面利回りではなく、室内クリーニングやメンテナンスなどの必要経費を差し引いた実質利回りです。たとえば購入に1000万円かかり、必要経費として年間20万円かかるという賃貸物件の場合、実質利回りを10%にするためには、年間の利益を120万円にする必要があります。つまり1ヶ月の家賃を10万円にすれば、帳尻を合わせることができるわけです。ただし、地域の家賃相場が8万円だった場合には、10万円の家賃では借り手がつきにくくなります。このような場合には、家賃を相場に合わせて8万円に設定し、希望する利回りに届かない分を、礼金や更新料によって徴収します。これにより、家賃相場から逸脱していない適正な家賃で、10%の利回りを確保できるようになるのです。もちろんかかった費用の回収後は、築年数に合わせて家賃を下げても、相応の利益が期待できるようになります。